ブログトップ

映画で、世相を斬ります

yopei.exblog.jp

ほかで書き切れないことをここで。

2006年 10月 09日 ( 1 )

★★★、1800円払ってもいいです。

4つのエピソード、8人の主人公によるオムニバス。

原作ものに頼らずとも、こうした作品ができるって、やっぱり韓国映画界はすごいわ。
どこぞの国々とは大違いですな、
ええ、兄弟のような師弟のような国と国ですよ…。


展開的には読めてしまうのもあるんだけど。
「別れ」をテーマにしただけあって、

やっぱり、泣いてしまうんだな。

慟哭に近かったかも。それを必死で堪えた。

「別れ」」だけをクローズアップさせるって、その発想が、
まず日本映画界にはないんじゃないの?  おもしろいオムニバス映画もないし。
(知ってたら、どなたか教えてください)
病気で重要人物を失わせ、泣かせる展開にはもう飽き飽き。
(おっと、ここにも1つ入ってはいたが)

すべてのエピソードがよかったが、
なんだかんだいって母子ものには弱い。
そして、“別れさせ屋”のチャ・テヒョンも泣かせる。
チョン・ウソンは、もちかっこいいし、
イ・ギウくんもよかったよ。

『sad movie サッド・ムービー』

今回から鑑賞後評価をつけてみます。
★★★★★5つが最高。
★★★★4つはまずまず。好みによるかも。
★★★3つはとりあえず料金の価値あり。
★★2つはDVDまで待ってもいいかな。
★1つは金返せ  で。
[PR]
by yopeiR | 2006-10-09 10:19 | 映画