ブログトップ

映画で、世相を斬ります

yopei.exblog.jp

ほかで書き切れないことをここで。

映画『プルートで朝食を』

★★★★ これはほっんと、好みによる。私は好きだけど、万人に受け入れられるものじゃないんだろうなぁ…

ようやく見てきました〜。

『クライング・ゲーム』好きなんだよね〜。
今までの人生で、5本の指に入る映画なんだよね〜。
あの、サソリとカエルの話、子どもにも話したいくらい。
そのニール・ジョーダンが監督。
『インタビュー・ウィズ・バンパイア』も好き。
これもインパクトがあり、おもしろかったのだけれど、
以来ニール・ジョーダンの作品を見るのは、とても久しぶりになってしまった。やっぱりIRAで、ゲイな話だったけど、
終盤になって、ポロポロと涙がこぼれました。

音楽もよかった。

彼、いや彼女は、とても前向きだった。

『プラダを着た悪魔』(見ていないんだけど)、ファッションすてきね、あんな上司って、いるいる、やっぱり恋より仕事よね、ということじゃなく
『涙そうそう』、やさしい兄イニ死んじゃったね、かわいそうだね、泣けるねってことでもなく、
それよりも
私は、これを見てほしいと思う。
なぜなら、人を救えるのは、人だから。無償の愛だから。
無償の愛という言い方がそもそもおかしいか、
愛とは無償のもの、代償を求めないものなのだから。

いじめるほうも、いじめられるほうも誰が育てたの?
関係のない映画のように思えるかもしれないが、
私は、偏見なしにこういう映画、もっと見てほしいと思う。
育てる大人のほうにね、
もっとファンタジーを!

『プルートで朝食を』
[PR]
by yopeiR | 2006-11-13 18:36 | 映画